部屋と猫とそして、

コンパクトな身の丈暮らしと日々の数々のタイセツ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告

猫用ケージの買い替え



祭サンのケージ事情、主にはトイレの際の不便により買い替えることに!
前のケージはドデカイ包みで届きましたし、ぇ?アレ?と若干の拍子抜けサイズ。
ですが、ダンボールの絵で直ぐに納得できました。



縦にも横にも拡張できる仕様のため、1番大きいはずの面積が2分の1だったのです。
旦那が組み立てるまで、狭小マンションゆえどーしたものかと思っていたので・・・

    

ふたつの引き戸も自由に設置できますが、この画像のとおりで棚板は左に仕上げました。
購入に至ったポイントは・・・
 1、排便時、2段目の棚が干渉しない高さである。
 2、棚のところにも扉がある。
 3、床になるトレーに少しでも立ち上がりがある。
 4、はめ込み式の柵ではなく、内側でもなく、外側に組み立てる仕様である。
 5、今より広く、しかしデカすぎないサイズ感で、キャスター仕様である。
 6、レビュー等でしか確認できないけど、しっかりした作りである。
 7、インテリアの邪魔にならないカラーである。
ココにて)



狭小マンションの工夫」の記事と同様、今回購入のケージでもできましたが、
小回りは利かないので、娘の部屋からあまり出したくないなぁーな感じです。ですが、
リビングにももちろん出せますし、廊下も難なく通りますし、寝室での設置も◎でした。



本当はフルカバーを下だけ使う予定で購入し、深型トイレとして置いてはみたものの、
脚の悪い祭にとっては不都合な様子で、画像とは別の今までのモノに戻しました。
画像の給水器も今は2段目に設置して、下にはキャリー用ウォーターノズルを・・・

(拝借画像)

相変わらず認識しないので、練習も兼ねています。
ノズル式、ペットショップでは飲めていたはずなのに・・・(汗汗汗)
3段のケージから2段になり、例えるなら「2LDK→1LDK」の引越しのようですが、
狭い空間での2段目は給水場でしかなかったし、実質2段の3段が今まででした。
給水器があろうと、餌を置かれようと、余裕で寛げるサイズアップです。

関連記事
[ 2015/09/07 ] 猫と暮らす 愛用貧

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。